オールインワンゲル 脂性肌 選び方

肌質別のオールインワンゲル選び | 脂性肌には!?

脂性肌というと、思春期など若い世代の悩みという印象を持ってしまいますよね。
ですが、実はこの脂性肌という悩み、年齢を重ねたからこそ起こってきてしまうこともあるのです。
内側からのケアも重要な脂性肌ですが、やはり使用していく化粧品でも、肌状態は変わってきますので、意識的に選ぶようにしたいですね。

 

保湿力が意外と大事!

脂性肌の方の場合、ベタベタと感じるオールインワンゲルは不満が大きいかもしれません。
皮脂が多いと、肌の表面が潤っているように見えてしまうため、ここに保湿力の優れたオールインワンゲルは不要なのではないかと思えてしまいますよね。
ですが、実はこの保湿力、脂性肌の方にこそ重要なものなのです。

 

年齢を重ねてから脂性肌に傾く原因として挙げられるのは、お肌の内側の乾燥です。
お肌の内側が乾燥してしまうと、これ以上水分が奪われないようにと、肌が皮脂を過剰分泌してしまう傾向があります。
その結果、肌の表面はベタベタで、内側はカラカラという状態になってしまうというわけです。

 

つまり、脂性肌の方であっても、やはりオールインワンゲル選びの際には、保湿力重視で選んでいく必要があるというわけですね。

使用感にこだわる!

保湿力が重要とは言っても、やはり、元々ベタつきやすいお肌に、ベタベタするゲルを使用するのはストレスになりますね。
それに、肌表面がベタベタするということは、実は内側まで成分が浸透していないから、ということも考えられます。
つまり、オールインワンゲル選びの際には、使用感というのも大切なポイントなのです。

 

脂性肌でも快適に使えるほど、肌馴染みが良く、付けて短時間のうちにスーッと入り込んでいき、サラサラになる。
こういった使用感のものが理想的だと言えますね。
例えばホワイトニングリフトケアジェルなどは、マッサージ用のテクスチャーですが、マッサージをしているとスーッと馴染んでサラサラに仕上がります。
脂性肌の方にも使いやすいオールインワンゲルであると言えるでしょう。

衛生面が保てるものを!

脂性肌の方に起こりやすい肌トラブルの1つに、ニキビがありますよね。
ニキビは頑固な肌悩みなので、できるだけ避けたいものです。
これは主にアクネ菌という菌によって起こる症状ですが、こういった雑菌の繁殖は、肌に様々なトラブルを引き起こします。

 

オールインワンゲルの多くは、容器から直接手に取って肌に塗布するというタイプになっています。
ですが手指を入れると、容器内のゲルに雑菌が繁殖する恐れがあります。
その雑菌が入ったゲルを肌に伸ばすと、脂性肌の場合は特に、皮脂をエサに雑菌が増えるリスクが高まります。

 

ポンプ式のメディプラスゲルなど、できるだけ衛生面を保つ工夫のあるものを選びましょう。

関連ページ

乾燥肌なら!?
多くの女性が悩まされる乾燥肌。これは様々な肌トラブルの元凶にもなる症状ですので、徹底的にケアできるオールインワンゲルを選んでいくことが大切です。
混合肌なら!?
スキンケアをする際、非常に厄介に感じてしまうのが混合肌という肌状態です。ですが、そんな混合肌のケアも、オールインワンゲルを使用すれば意外と簡単です!
敏感肌なら!?
現代女性の多くが悩まされる肌状態の1つが、敏感肌というものです。お肌をキレイにしたいのに、ヒリヒリと感じてしまうようでは、思うようにスキンケアもできません。ですが、オールインワンゲルなら、選び方1つで敏感肌対策もしっかり行えてしまうのです。