オールインワンゲル バリア機能 改善

オールインワンゲルでお肌のバリア機能を改善!

敏感肌が起こる原因は、お肌の表面を外的刺激から守っているはずの「バリア機能」と言われるものが低下しているためであると言われています。そして、このバリア機能を復活させるためには、お肌の水分と油分のバランスを整えてあげることが重要です。そんな時に活用したいのが、簡単にバランスを整えてくれるオールインワンゲルなのです。

 

使い方が簡単だから・・・

スキンケアでよくあるのが、「せっかく質の良い化粧品を使っているのに、使用方法が間違えているから実感しにくい」ということですね。

 

  • 使うべきアイテムを自己判断で省いている
  • 使用量が適正ではない
  • 使う順番が間違えている
  • 基礎化粧品をシリーズで揃えていない

 

こういったことが挙げられます。

 

これらの間違いは、スキンケアに使用するアイテムの数が多ければ多いほど、発生するリスクも高まります。その点、1つのアイテムで全てのケアをカバーしてくれるオールインワンゲルなら、失敗するリスクも低くなります。これ1つでお肌の水分と油分を適度に補給していくことができるので、バリア機能が改善されやすいのです。

内からも外からも働きかけ!

オールインワンゲルというと浸透力に欠け、外側がベタベタするだけの印象がありましたね。ですが、最近ではオールインワンゲルも進化しており、内側までスーッと浸透するタイプのものも増えました。おまけに、使用後はお肌の表面に膜を張ったような状態になるものも多いですね。

 

つまりこのオールインワンゲルというアイテムは、

  • 内側に浸透して水分量を増やす
  • 外側で皮脂のような役割をして潤いを守り、外敵刺激から保護する

という役割を同時に担ってくれています。

 

その結果、しっかりバリア機能が発揮されて、お肌が刺激を感じにくくなっていくというわけです。

ターンオーバー促進!

お肌のバリア機能を高め、敏感肌悩みや年齢肌悩みを解決するためには、ターンオーバーを促進することが大切です。ターンオーバーというお肌の生まれかわり周期は28日が理想ですが、年齢やストレスなど、様々な条件によりうまくいかないことがあります。そうなると、ターンオーバーの乱れで古い角質が肌表面に残り、潤いが浸透しにくくなり、インナードライ肌になり、バリア機能が低下・・・という悪循環を招いてしまいます。

 

そこで、そんなお肌にオールインワンゲルをたっぷり用いたケアをすることで、ターンオーバーを促進することもできます。たっぷりのゲルでマッサージをして血行促進したり、重ね塗りをして乾燥を重点的にケアしたり、ハンドプレスで内側までしっかり浸透させたり。

 

こういった働きかけをしていくと、お肌の代謝が活性化され、ターンオーバーが促進され、年齢肌も敏感肌も改善されていくのです。

関連ページ

摩擦せずに塗布できる!
お肌にとって、非常に大きな負担となってしまう刺激が「摩擦」ですね。決してゴシゴシこすっているつもりは無くても、ちょっとした摩擦が、お肌に大きな刺激を与えてしまっているケースは少なくありません。そんな問題を解決するのに役立ってくれるのが、オールインワンゲルなのです。
敏感肌の原因「ストレス」解消!
現代人のお肌や身体が弱くなっているように思われるのは、ストレスが大きな原因であると言われていますね。ストレスは免疫力を低下させ、様々なところに不調を起こします。敏感肌もまた、この免疫力低下により起こっているところが大きく、ストレス対策にも役立つオールインワンゲルは現代人の救世主になってくれるアイテムなのです。