オールインワンゲル 敏感肌 使い方 コツ 併用

他のアイテムと併せて使用しても!

オールインワンゲルによっては、1つのアイテムでは保湿力などが物足りないと感じてしまうものもあります。
そのような場合には、他のアイテムと併せて使用することで、より満足度の高い肌状態に導くという方法もあります。

 

 

化粧水+オールインワンゲル

肌の内部の潤いがひどく不足しているような状態なら、より浸透力の高い化粧水をたっぷり塗布した後に、オールインワンゲルで仕上げるという方法があります。
特に海のブレアなどは、乳液以降の役割を果たすオールインワンゲルなので、化粧水と併用することで効果が高まります。

 

あるいは、浸透力がイマイチという時には、ブースター化粧水などを最初に使用してからオールインワンゲルを使ってみるという方法もあります。
ブースター化粧水、拭き取り化粧水などで角質のケアをすることで、オールインワンゲルの浸透力をアップさせることが可能です。

 

オールインワンゲル+クリーム

オールインワンゲルだけではさっぱりしすぎていると感じる、頑固な乾燥肌の方は、美容クリームを併せて使用するという方法があります。
オールインワンゲルで肌の内側まで潤いで満たしたら、これを逃さないように、油分を含むコクのあるクリームを重ねづけするのです。

 

この方法は、朝に行うとベタベタする可能性があるので、夜のケアの時のみ行うなどの選択肢もあります。
肌状態とよく相談しながら実践していきましょう。

 

併用する際の注意点

オールインワンゲルと他の化粧品を併用することは、場合によってはより高い美容効果が得られる魅力的な方法であると言えます。
ですが、併用する際には化粧品選びに特に注意が必要です。

 

違うメーカーのものを使用する際には、成分同士がケンカをしてしまう可能性が無いかどうか、肌の目立たない部分でパッチテストをしましょう。
どうしても不安であれば化粧品会社に問い合わせてみても良いですね。

 

それから、オールインワンゲルはせっかく、1つのアイテムで時短ケアが済む便利で低刺激なコスメです。
物足りないのであれば、他のアイテムをプラスするよりも、より保湿力などが優れたオールインワンゲルを探したほうが敏感肌には良いかもしれませんね。

関連ページ

しっかり汚れを落とすところから!
オールインワンゲルを上手に使用するためには、まずはその前のスキンケアの段階から、気を付けていく必要があります。その前のスキンケアというのは、クレンジング、洗顔といった「落とすケア」のことですね。
使用量の調整を!
オールインワンゲルの場合は、しっとりタイプとさっぱりタイプ、などという違うタイプの用意は無いものが大半です。その分を使用量の調整でカバーしていくと良いでしょう。
気になる部分は重ね付け!
目元、口元、頬などの比較的乾燥しやすい部分には、たっぷりの量のオールインワンゲルを使用したり、あるいは重ね付けをすることでより、肌の状態をしっとりと整えておくことが大切です。
デコルテまでしっかり伸ばす!
年齢が気になる部分というと、顔のお肌や目元、口元ばかりをイメージしてしまう方もいますが、実はより年齢が現れやすいと言われている部分がデコルテです。オールインワンゲルを使ったスキンケアの際には、ここまでしっかりケアしていきましょう!
ハンドプレスで馴染ませよう!
オールインワンゲルのベタベタな使用感の悩みを解消するためには、しっかりと馴染ませて、肌の奥深くまで浸透させることが重要です。スキンケアの仕上げには、ハンドプレスがおすすめです。