オールインワンゲル デメリット,メイク前,使いにくい

オールインワンゲルのデメリット | メイクの前に使いにくい!

オールインワンゲルは「ゲル」というタイプのコスメであるため、どうしてもベタベタとしやすいのが欠点の1つです。
使用後、しばらくすれば馴染んで良い感じになるものが大半ですが、朝のバタバタの時間に、メイク前のスキンケアとしては使いにくさを感じてしまいますね。
朝こそ時短のケアとしてオールインワンゲルを活用したいのに、これではうまくいかないと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

ベタベタのままメイクをしちゃダメ!

朝、いくら時間が無くても、オールインワンゲルを塗布した直後にメイク!というのは避けた方が良いですね。
ベタベタ状態でメイクをすれば、キレイに乗らず、ファンデがムラのある仕上がりになってしまいます。
さらに化粧崩れしやすくなり、キレイな状態を維持できなくなります。

 

また、お肌の表面でベタベタしている間は、まだゲルが浸透しきっていないということ。
そこでファンデを重ねてしまったら、せっかくのオールインワンゲルが持つ美容成分や保湿成分も台無しです!
ベタベタのままでのメイクだけは、何としても避けなければなりません!

朝の使用量を調整

いくら保湿が大切だからと言っても、朝からべったりと大量のゲルを使用してしまうと、いつまでも馴染まず、メイクができない事態になる可能性があります。
しっかり保湿は夜のケアに任せて、朝はとりあえず、軽く潤いを補う程度で良いでしょう。
夜よりも少なめの量で、スキンケアを完了させてしまってください。

 

少なめの量で使用した場合、日中の乾燥が気になるという方もいらっしゃるでしょう。
その場合には、ミスト状の化粧水などで、こまめに潤いを補給してあげると良いですね。
メイクの上からでも使用できるような化粧水も発売されていますので、こういったものと併用すれば、メイク崩れもしにくくなります。

メイクの前にティッシュオフを!

メイクの前のオールインワンゲルがどうしてもベタベタしてしまい、いつまでもメイクができないという場合には、ティッシュオフをして手っ取り早く解消しましょう。
ゲルをお肌に馴染ませた後、しばらく経過しても残るベタベタは、それ以上お肌に浸透しない余分なものであるとも考えられます。
清潔なティッシュでお肌の表面を優しく抑えると、余分な分が吸い取られて、さらっとした仕上がりになるので、メイクも行いやすくなりますね。

 

ただし、この時、絶対にティッシュでこすってはいけません。
摩擦はお肌に多大な負担を与えることになるので、優しく押さえてオフするという方法を心がけましょう。

 

また、あまりにも馴染まないオールインワンゲルは、浸透力自体に問題があるのかもしれません。
違うオールインワンゲルに乗り換えてみるというのも1つの方法ですね。

関連ページ

浸透力がイマイチ!?
たった1つのアイテムでスキンケアが完了できる夢のようなコスメ、オールインワンゲルですが、デメリットと言える面もゼロではありません。そのうち、特に大きなデメリットと言えるのが、浸透力に関する点でしょう。
不要な物も入っているかも!?
オールインワンゲルというのは、1つのアイテムであれこれ色々なケアができてしまうものです。つまり、中には「私のお肌には不要かも・・・」と思える成分が入っている場合もあるわけです。