オールインワンゲル 使い方 間違い

オールインワンゲルをしっかりすり込む!?

オールインワンゲルは1つで色々な役割を果たすゲルタイプのコスメです。
そのため、化粧水から順番に馴染ませていくよりも浸透するのに時間がかかることもあります。
そんな時に、急いでいる場合にはこすって馴染ませたくなってしまうことがありますね。
ですが、これはご法度です!

 

すりこんだ時の肌へのダメージは甚大!

オールインワンゲルの使用時に限らず、摩擦という行為は肌に想像以上のダメージを与えてしまいます。クレンジングや洗顔の際に少し手に力が入るだけでも、乾燥、シワ、たるみなどの原因になると言われているほどです。なのに、オールインワンゲルをゴシゴシすり込むようなケアがお肌に良いわけがありませんよね。

 

お肌の表皮の薄さは、ティッシュペーパー1枚程度だと言われています。
これが目元などデリケートと言われる部分になると、なんと0.02mm程度しかないと言われているのです。そんな部分をゴシゴシ摩擦したら、肌トラブルや肌悩みの原因になるのも当然ですよね。

 

馴染みにくい時には?

では馴染みにくい時にはどうすれば良いのか、ですが、これはこするのではなく、お肌全体をそっと包み込むようにハンドプレスしてあげる方法が有効です。
あるいは、指先で力を入れずに軽くタッピングしても良いですね。
これはマッサージ効果もあり、お肌の血行が促進されます。

 

こういった方法で馴染ませてもまだ、ベタベタしてしまうという時には、表面に残った余分なゲルをティッシュオフしましょう。
ティッシュオフすれば、忙しい朝でもメイクがすぐにできる状態になります。
また、できるだけ肌馴染みの良いオールインワンゲルを選ぶということも大切ですね。

 

すり込んでも肌には入らない!

どうしてもすり込んでしまいたくなるという方は、すり込んでも意味が無いということを覚えておきましょう。ゴシゴシ肌をこすれば馴染んでサラッとしてくるかもしれませんが、せっかくの潤い成分たっぷりのゲルの大半が、手の平に入ってしまっていたりします。

 

基本的に多くの女性は、顔よりも手の平の方が乾燥しています。
そのため、すり込んでいる過程の中で、顔よりも優先的に手の平に潤いが奪われてしまったりするのです。

 

無意味なうえに肌に負担の大きいゴシゴシケアは、今すぐやめましょう!

関連ページ

オールインワンゲルを最後の仕上げに!?
オールインワンゲルは、これ1つで高い保湿効果や美肌効果が得られるという、便利で画期的なコスメです。もの足りないと感じてしまう場合には、他の化粧品と重ねづけしてもかまいません。ただし、重ねづけする場合には注意が必要です!
オールインワンゲルがもったいないから少しずつ!?
オールインワンゲルの中には、それなりに価格が高いものもありますよね。ですが、だからといって「もったいないから」と少量ずつ使用するのは危険です!
オールインワンゲルを汚れた手で!?
オールインワンゲルは、基本的に、手の平でお肌に塗布していくということになります。洗顔後のお肌、ということは守っていても、実は手の清潔にまで気を配っていないという方、少なくないのではないでしょうか?