オールインワンゲル 敏感肌 汚れ 落とす

しっかり汚れを落とすところから!

オールインワンゲルを上手に使用するためには、まずはその前のスキンケアの段階から、気を付けていく必要があります。
その前のスキンケアというのは、クレンジング、洗顔といった「落とすケア」のことですね。

 

 

汚れが残っていると・・・

肌にメイクの汚れや古い角質、毛穴の角栓といった汚れが残ってしまっていると、スキンケアコスメの浸透力が大幅にダウンしてしまいます。

 

せっかく高品質な美容成分を配合したオールインワンゲルでも、ベタベタするばかりで、内側まで浸透しなくなってしまうのです。これではもったいないですし、使用感も良くありませんね。

 

そこで、まずはしっかりクレンジングと洗顔を行い、肌に残った汚れを徹底的に落していきましょう。
とはいっても、ゴシゴシ洗うのは肌に摩擦を与え、悪影響なので厳禁です。
汚れを吸着してくれる成分などが配合された、肌に優しいクレンジングや洗顔料を選んでいきたいですね。

 

落すケアは与えるケア以上に重要とも言われていますので、ここはしっかり行いましょう。

 

トータルで2ステップのケアも可能!

基本のスキンケアは、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームといった感じの方が多いですよね。
そこでオールインワンゲルを使用すれば、洗顔の後の4つあるステップを、1つにすることが可能になります。
それから、着目したいのがその前の、落とすケアの2ステップです。

 

クレンジングの後にダブル洗顔をするというのが基本ですが、これが面倒に感じられている方もいるでしょう。
面倒だからと1つ1つのケアを適当にすることで、結果的に汚れが残ってしまい、悪影響になる場合もあります。

 

そこで、最近人気のダブル洗顔不要のクレンジングを使用してみましょう。
これを使用して、その後にオールインワンゲルでスキンケアを行えば、落とすケアから与えるケアまで、トータルでたったの2ステップで済んでしまいます。
仕事などで忙しい女性でも、これなら継続しやすいですね!

関連ページ

使用量の調整を!
オールインワンゲルの場合は、しっとりタイプとさっぱりタイプ、などという違うタイプの用意は無いものが大半です。その分を使用量の調整でカバーしていくと良いでしょう。
気になる部分は重ね付け!
目元、口元、頬などの比較的乾燥しやすい部分には、たっぷりの量のオールインワンゲルを使用したり、あるいは重ね付けをすることでより、肌の状態をしっとりと整えておくことが大切です。
デコルテまでしっかり伸ばす!
年齢が気になる部分というと、顔のお肌や目元、口元ばかりをイメージしてしまう方もいますが、実はより年齢が現れやすいと言われている部分がデコルテです。オールインワンゲルを使ったスキンケアの際には、ここまでしっかりケアしていきましょう!
ハンドプレスで馴染ませよう!
オールインワンゲルのベタベタな使用感の悩みを解消するためには、しっかりと馴染ませて、肌の奥深くまで浸透させることが重要です。スキンケアの仕上げには、ハンドプレスがおすすめです。
他のアイテムと併せて使用しても!
オールインワンゲルによっては、1つのアイテムでは保湿力などが物足りないと感じてしまうものもあります。そのような場合には、他のアイテムと併せて使用することで、より満足度の高い肌状態に導くという方法もあります。